歯医者

取り入れている治療

クリニックによって異なる術式

歯科

近年では多くのクリニックで治療を受けることができるようになりました。同時に、研究も進み複数の術式がとられるようになっています。 まず、従来から行われているのが、二回法と呼ばれる術式です。金属を埋め込んだ後一旦歯肉を縫合します。金属と骨が結着する期間を経て再度切開し、義歯を取り付ける方法です。2度切開することから二回法という呼び名がついています。一方で、金属を埋め込み、そのまま仮歯を取り付ける一回法という術式もあります。金属が骨と結着した後に、仮歯から正式な義歯に取り替えますが、切開そのものは一度で済むため、負担が軽減されるという見方で人気です。こうした術式の種類は院長の方針によって異なるため、痛みに恐怖心が強く切開はできるだけ少なくしたいという希望がある方は事前にリサーチが必要です。

進化し続ける治療技術

インプラントの手術には複数の術式があるという点について説明しましたが、治療そのものについては今なお進化し続けています。近年では、医療の分野全体で患者の痛みや負担を軽減させる取り組みが広く行われていることもあり、インプラントにおいても患者を第一に考える動きが研究とともに具現化しています。 たとえば、医療機器も顎骨に金属を埋め込む際に負担が軽減されるように、より細い器具が登場しています。クリニックによっては専門の麻酔科医のもと静脈内鎮静法を採用するところもあります。こうしたより最新で専門的な治療を受けたいという方は、やはり審美歯科をはじめインプラントに特化したクリニックがおすすめです。 もちろん、不安を軽減してくれるのは医療機器だけではありません。カウンセリングで医師に直接相談し、適格な回答を得ることで解消される不安もあります。信頼できる医師にまかせることが何より大切です。