修理道具

大切な事

様々な場面で活躍を見せるガス給湯器ですが、効率よく使い続けるためにはメンテナンスが欠かせません。室外に設置されているものなので、気をつけないと壊れてしまうでしょう。

修理中

種類を把握

ガス給湯器を買おうと思ったのであれば、住んでいる地域のガス種を事前に把握します。都市ガスやプロパンは間違えやすいので要注意です。また、給湯器によって機能にも違いがあります。

一般的な機器

知っていて損は無い給湯器の取り付け情報はここからチェックすることができます!今のうちに勉強しておきましょう!

シャワーのお湯

内風呂の誕生がきっかけ

ガス給湯器が一般的になったのは、ほんのつい最近だと言います。戦前の日本では、特に都市部を中心に、風呂に入りたければ銭湯に行くというのが一般的でした。風呂屋の文化は江戸の頃からあり、人々の集いの場であったり、憩いの場であったようです。昭和30年代になり、住宅事情が変わります。内風呂が一般化していったのです。ガス給湯器が本格的に普及し始めたのは、それから約10年後の昭和40年代。風呂から煙突がなくなり、小型化してアパートなどにも設置出来るようになると、一気に用いられる機会が増えていきました。生活環境の欧米化によって、シャワーの需要が増えた事も、給湯器の発展を促します。シャワーを使用するために安定した給湯が求められたからです。それまでは不可能だった温度調整も行えるようになり、風呂の発展と住宅事情の変化と共に、ガス給湯器も進化していきました。

環境に配慮した給湯システムへ

省エネルギーが叫ばれる昨今、給湯器にもエコが取り入れられています。今後は太陽光発電はもとより、排気熱を利用するなどの次世代型の給湯器が、一般化していくと思われます。省エネ性能のガス給湯器も各メーカーから発売されていますが、電気給湯とどちらを選んで良いかわからないと言う声もあります。環境に対する影響の低さや、ランニングコストの面でメリットのある電気給湯器ですが、初期費用が高額になる、貯水に上限があるなどのデメリットもあります。一方ガス給湯器は、初期費用が安く置き場所にも困らないなどのメリットがありますが、ランニングコストの高さや騒音などのデメリットがあります。今後も開発が進み、購入者のライフスタイルにあった製品選びの自由度は、ますます高まっていくと思われます。

給湯器

お湯が出る

給湯器の取替

給湯器には、長く使う事で寿命が訪れる事があります。その際には、出来るだけ早急に給湯器の取替を行っていく必要があるといえるのです。各給湯器の機能を把握していきましょう。

オススメリンク